種別協一覧

愛媛児童福祉施設連合会


 
 愛媛児童福祉施設連合会は、愛媛県内の児童養護施設(10か所)、乳児院(2か所)、児童自立支援施設(1か所)の13施設で構成しています。
 急速に進行する少子化の中で、家庭における養育機能の低下が進行し、近年の家庭内虐待や、DV等が顕在化していますが、それらは子どもたちの健全な発達を阻害していることにほかなりません。 
 そういった状況の中、われわれ児童福祉施設は、いつの時代も社会で最も弱い立場にある子どもたちの権利を守り、子どもたちの安心、安全の拠点であり続けるために、各種研修を通して自己研さんを行うとともに、子どもたちを主役とした交流事業を実施し、子どもたちの健全育成に努めています。


 
梶原 淳一


二宮 真人


 

 
27
 

 

 

 

 

 

T 基本方針
 近年、子どもと子育てをとりまく社会環境は大きく変化し、子どもや家庭をめぐる課題は複雑化、深刻化している。このような状況の中、すべての子どもに良質な養育環境を保障し、子どもを大切にする社会の実現が求められている。また、社会的養護を必要とする子どもたちが、健やかに育ち、社会に参加していけるように、社会的養護の施設機能向上や、つながりのある一貫した養育の強化に向けた取り組みを図っていく必要がある。
 そこで、本会では、高い倫理観と専門性をもって、子どもの日々の養育を通じてその社会的使命を果たすことを目的に、全養協や四養協との一層の連携を図り、会員施設への適切な情報提供を実施することにより、会員施設間での活発な情報交換及び交流により職員の資質向上を図り、その成果が「子どもの最善の利益」へ還元されることを目指し各種事業を展開する。
U 重点項目
1 すべての子どもの権利擁護と自立支援を目指した取り組みの充実
2 改正児童福祉法に対応した取り組み
3 愛児連調査研究テーマの研究・実践とテーマを反映した研修会の企画・実施
4 愛媛児童福祉ケース研究会の強化
5 委員会活動の充実
V 主な事業
1 会議の開催
(1)理事会(2回)5/23・3/18
(2)監事会(1回)5/25
(3)調査研修委員会(5回)4/16・7/10・9/2・11/25・2/25
(4)交流事業委員会(7回)4/16・5/20・6/12・7/10・9/2
              10/14・2/25
2 職員研修事業の実施 
(1)児童福祉施設新任職員研修会(新居浜市)6/2〜4
   ⇒開催要項(PDF)はコチラ
   ⇒プログラム(PDF)はコチラ
   ⇒申込用紙(Word)はコチラ
(2)児童福祉施設職員研修会(松山市)2/1〜2
   ⇒開催要項(PDF)はコチラ
   ⇒申込用紙(Word)はコチラ
(3)愛媛児童福祉ケース研究会(松山市)6/15・10/16・2/19
   ⇒ケース研究会発表要旨様式(Word)/家族関係図例示(PDF)
(4)児童相談所との連絡会(松山市)5/25
3 入所児童交流事業の実施
(1)第58回手をつなぐ子らのつどい大会(松山市)10/31
(2)児童交流ソフトボール大会(東温市)7/20
(3)児童交流バレーボール大会(中予)11/14           
4 愛児連調査研究テーマの実施 ※下記研究テーマは平成28年度に見直し予定
 (1)子どもの状況把握に関する調査 
   @全国児童養護施設協議会の入所児童の状況調査と同時進行で愛媛県下の状
    況を調査

   A乳児院から児童養護施設に変更になった子どもの変遷についての調査
 (2)卒業生のアフターケア充実に向けた調査 
   @3年ごとに調査実施
   A家庭引き取り後の再入所の割合とその改善のための取り組みについての調査
 (3)入所児童が抱える多様な課題への対応 
   @被虐待児の対応
   A暴力で愛着行動をする子どもへの対応方法
   B不登校児童への対応、行動の理解(退所後の引きこもり等)
   C児童養護施設向けの性教育に関する研修
   D生い立ちの整理について/ライフストーリーワーク
 (4)施設機能の強化、推進への研究 
   @施設の小規模化と施設機能の地域分散化
   A震災が起こった時の対応
   Bチーム力向上のための研修
 (5)
ソーシャルワーカー(家庭支援・里親支援)の役割と機能について 
   @児童養護施設と関係機関の連携
     (児相、里親、児童自立支援施設、ファミリーホーム、自立援助ホーム)
   A家庭環境の調整と家庭(親)への対応
 (6)心理担当職員の連携と研修のあり方 
   @愛児連の心理担当職員の情報交換の機会
   A直接処遇職員との連携
   B職員と子どもの人間関係
 (7)スキルアップセミナーの計画と研究 
   @入所児童を対象にした研修のあり方
   
A当事者の参画(研修会への参加)
W 全国及び中国・四国ブロック研修会等への参加・協力
(児童養護施設関係)
1 四国ブロック児童養護施設交流事業      (愛媛県)7/31
2 第69回全国児童養護施設長研究協議会    (秋田県)10/7〜9
3 第12回西日本児童養護施設職員セミナー   (高知県)9/16〜18
4 ファミリーソーシャルワーク研修会      (東京都)2月
5 全国児童養護施設中堅職員研修会       (東京都)1/12〜14
6 社会的養護を担う児童福祉施設長研修会    (大阪府)9/3〜4
7 四国ブロック児童養護施設長研究協議会    (香川県)6/18〜19
8 四国ブロック児童養護施設職員研修会     (徳島県)2/23〜24
(乳児院関係)
1 第65回全国乳児院協議会          (新潟県)10/1〜2
2 第59回全国乳児院研修会          (岩手県)7/15〜17
3 第60回中国・四国地区乳児院研究協議会   (岡山県)9月
(児童自立支援施設関係)
1 全国児童自立支援施設長会議         (沖縄県)5/28〜29
2 第66回全日本少年野球大会         (岐阜県)8/24〜26
3 全国児童自立支援施設中堅職員研修      
4 全国児童自立支援施設児童自立支援専門員研修 
5 全国児童自立支援施設職員研修会       (北海道)9/30〜10/2
6 中国・四国地区児童自立支援施設長庶務主任研修会(徳島県)9/10〜11
7 中国・四国地区児童自立支援施設職員研修会  (岡山県)12/7〜8
8 四国地区児童自立支援施設職員研修会     (高知県)4/24 
(その他)
1 諸会議・大会等への参加・協力
2 その他緊急問題への対応
X その他目的達成のための諸活動
1 関係機関・団体との連携強化
 (1)
全国児童養護施設協議会等関係団体との連絡調整
 (2)愛媛県等関係機関との連携協力
 (3)県社協等社会福祉団体との連携強化

2 関連情報の収集・提供
3 その他必要な活動

 (1)児童の自立支援事業「社会人としての身だしなみセミナー」 (松山市)8/20
 (2)その他



TEL:089-921-8566/FAX:089-921-3398/e-mail:jinzai@ehime-shakyo.or.jp
上へ