種別協一覧

愛媛県地域包括・在宅介護支援センター協議会
   
   平成28年3月11日に開催しました総会において協議の結果、平成28年3月31日をもって
  愛媛県地域包括・在宅介護支援センター協議会を解散することとなりました。
   前身の愛媛県在宅介護支援センター協議会を含めますと、20年間、多くの皆様からご支援・
  ご協力を賜り、誠にあり がとうございました。→解散にかかる会長あいさつはコチラ


 
平成27年度会員センター数                     
種 別 事業所数 合 計
東予 中予 南予
 正会員 地域包括支援センター 11 17
在宅介護支援センター 20 14 37
 準会員 居宅介護支援事業所 14 24 14 52
合 計 40  49 17 106


 
長戸 金昭


 

 
27
 

 

 

 

 

 

T 基本方針
 平成27年度の介護保険制度改正では、地域包括ケアシステムの構築に向け、通所予防介護サービス等が地域支援事業に組み込まれるなど、同支援事業の見直しが大きな特徴となっている。
 これらの制度改革に対して、地域包括支援センター・在宅介護支援センターは、引き続き同ケアシステムの中核としての役割を果たすことや、地域資源や人材のコーディネート、関係者間のネットワークの構築など様々な機能のさらなる充実が求められている。
 こうした状況を踏まえ、地域包括支援センター及び在宅介護支援センター等の役職員が今後必要とする知識・技術の習得に努めるため、各種研修の充実及び両センターの有機的な連携を図りながら、各種事業を展開する。
U 重点項目
1 支援センター等役職員の資質向上
2 協議会組織のあり方についての検討
3 地域包括支援センター・在宅介護支援センター等との連携
4 職員研修会の充実・強化
V 主な事業
1 諸会議の開催
(1) 総会(2回)
  @第1回 6/26
  A第2回 3/11
(2) 理事会(2回)
  @第1回 6/9
  A第2回 8/3
  B第3回 11/24
(3) 監事会(1回)
  @第1回 6/9

2 研修活動の実施 ⇒ 平成27年度研修会実施計画(PDF)
(1) 管理者研修会の開催(2回) 
  @第1回 6/26 「地域包括ケアの理解と包括支援センターの役割」
  A第2回 3/11
(2) 職員研修会の開催(5回程度)
  @第1回 6/26 「地域包括ケアの理解と包括支援センターの役割」
  A第2回 8/25 「遺品整理の現場から学ぶ」
  B第3回 10/27 「介護現場のための高齢者虐待防止教育システムについて」
  C第4回 11/22 「これからの介護支援専門員のあり方」
  D第5回 1/28 「新聞記者の視点から見た地域づくり」
(3)研修委員会の開催(1回)
  @第1回 12/7
  
3 調査広報活動の実施
(1) 介護保険関係情報の収集と提供
W その他目的達成のための諸活動
1 社会福祉協議会、その他関係機関・団体との連携
2 全国地域包括・在宅介護支援センター協議会との連携
3 その他の活動



TEL:089-921-8566/FAX:089-921-3398/e-mai:jinzai@ehime-shakyo.or.jp
上へ