種別協一覧

愛媛県・社協職員連絡会



愛媛県・社協職員連絡会は、愛媛県内の社会福祉協議会の職員によって構成され、会員互助の連絡と研修の場とするとともに、社協活動の推進に寄与することを目的とした団体です。

正副会

 会  長  越智 孝

 副会長  渡部 正文
        岩城 龍司


 

 

 

T 基本方針
 生活困窮者自立支援法の施行や新しい総合事業への転換等を中心とした介護保険制度改革の推進、社会福祉法人制度改革など、福祉関係諸制度・政策は大きく変わりつつある。とりわけ、社会福祉法人制度改革については、地域公益活動の実施が義務付けられるため、あり方を早急に検討する必要がある。
 そのような状況の中、本会では、市町社協間及び県社協のさらなる連携強化を図るとともに、研修を通じた人材育成や福祉関係諸制度等に関する調査・研究及び各種情報の提供、福利厚生事業などの諸事業を展開し、県内社協の円滑な事業展開を図る。
U 重点項目
1 会議・研修会を通じた職員の資質向上及び課題への対応
2 福祉関係諸制度の改革に伴う社会情勢の変化に関する情報収集及び提供
3 意見・情報交換等を目的とした会員相互の交流促進
V 実施事業
1 会議の開催
  組織運営に関わる内容の協議や、組織の意思決定を行う役員会議の
 実施。

(1)総会の開催(6月・3月)
(2)理事会の開催(6月・3月)
(3)監事会の開催(5月)

2 テーマ別研修会の開催
  県社協研修事業との区分けとして、「職種や担当部署に関わらず、
 誰でも受けられるテーマ
」と「対象を経験年数に分けて絞ったテー
 マ」を研修部会で検討し実施する。(年3回)

9月…キャリアの短い職員を対象にした社協職員基礎研修
10月…未定 (※内容は第1回研修部会にて企画)
2月…四国ブロック市町村社会福祉協議会研究協議会と合同開催

3 地域福祉推進研究会の開催
  地域に根差した活動を続ける団体や組織の取り組みを、実際にその
 地域へ出向き、五感で学ぶ地域づくり実践研究会を実施する。
(10月・11月を予定)

4 部会の運営
(1)研修部会の開催 年4回程度
    ・テーマ別研修会の企画及び運営について検討する。
    ・四国ブロック市町村社協研究協議会の企画及び運営について
   検討する。

(2)福利厚生部会の開催(新規事業) 年3回程度
    ・互助会財源を使った福利厚生事業について検討する。
(3)研究・情報部会の開催(新規事業) 年3回程度
    ・社会福祉法人制度改革に伴う地域公益活動の義務付けにあたり、
    今後の社協としての動きや方向性を明確にするため、関連情報の収   
    集及び研究を行う。


5 意見交換会の実施
(1)事務局長意見交換会の実施
    ・各市町社協が抱える課題について、事務局長で情報・意見交換を
    行う会議を実施する。

     ※6月の第1回総会に合わせて開催予定。

6 四国ブロック市町村社協連絡会会長会及び研究協議会の開催及び
  参加(未定)

7 会員への助成の実施
(1)市町社協連携による研修に対する助成の実施(新規事業) 
    ・2か所以上の社協が共催で実施する研修について助成を行う。
(2)四国ブロック市町村社協連絡会会長会及び研究協議会への参加
   に対する助成


8 各種関係機関への協力及び関係強化
    全社協や四国ブロックにおける関係会議への参加。

9 その他方針に添った諸事業の実施

W 互助会実施事業

1 互助給付の実施(新取扱要領に沿った実施)
2 福利厚生事業の検討
   →福利厚生部会にて内容を検討する





TEL:089-921-8912/FAX:089-921-5289/e-mail:
上へ